News

Our Hotels

2017/09/27

Hotels What's New

 

【アゴーラ・プレイス浅草】外国人旅行者も楽しめる無料イベント!ENGLISH (英語) × RAKUGO (落語) 10月31日(火)より毎月最終火曜日に開催


 東京の観光地として国内外を問わず人気の浅草エリア。当ホテルの宿泊者は、約75%が海外からのお客様です。これまで、日本文化の深さや面白さを感じていただこうと、江戸切子グラスの製作体験プランや、着物を着て浅草散策ができるプランなどを、日本文化体験シリーズとして展開してきました。今回は、この日本文化体験シリーズをさらに多くのお客様に、気軽に体験してもらうべく、江戸時代に広まった伝統話芸「落語」を“英語“で楽しめる無料イベントを月1回開催することにいたしました。
 
■プレスリリース: 【アゴーラ・プレイス浅草】外国人旅行者も楽しめる無料イベント!ENGLISH (英語) × RAKUGO (落語) 10月31日(火)より毎月最終火曜日に開催
 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 アゴーラ・ホテルアライアンスのアゴーラ・プレイス浅草(総支配人:坂口敏樹、所在地:東京都台東区、客室数:145室)は、日本文化の落語を“英語”で楽しめるイベント「RAKUGO - Japanese Traditional Narrative Art -」を2017年10月31日(火)より毎月最終火曜日に開催いたします。

〈RAKUGO (落語)〉
 落ちのある話“落とし咄”から生まれた言葉「落語」。江戸中期から後期にかけて各地で「寄席」が作られ、浅草にも今日まで続く落語定席があり、日本人には非常になじみ深い、シンプルで身近な芸能として浸透しました。浅草には、今日まで残っている落語定席があり、いつでも落語を楽しむことができます。身振り・手振り・表情のみでひとり何役も演じる演者の技巧と聴き手の想像力で、世界がどんどん広がっていく面白い伝統芸能です。

〈落語家〉
 演者には鹿鳴家英楽(かなりやえいらく)氏をお迎えいたします。2代目桂枝雀師匠の影響を受けて英語落語を始めた鹿鳴家氏は、落語立川流に属した経緯もあり、現在はキャナリー英語落語教室を主宰し、英語落語の普及に務めています。今回のイベントについて、鹿鳴家氏は「歌舞伎・日本舞踊ではなく、『落語』という日本ならではの言葉を通じた文化を知ってもらえる場になれば」と期待を寄せています。当日は、外国人観光客にも分かりやすい演目を英語にて披露していただきます。

〈RAKUGO – Japanese Traditional Narrative Art – 開催概要〉
開催日:初回2017年10月31日(火)
    以降、毎月最終火曜日開催
時 間:13:00〜13:40(2演目)
場 所:アゴーラ・プレイス浅草 2階共用エリア
出演者:鹿鳴家英楽氏
     ※演目の内容は回によって変わります
     ※宿泊者の方に限らず、どなたでもご自由にお聴きいただけます


<ご参考>
鹿鳴家英楽(かなりや えいらく)
神田外語大学、駒澤大学講師
愛知県生まれ。1981年、上智大学外国語学部卒業。
1991年、テンプル大学大学院卒業、教育学修士。
落語は、立川談志に強い影響を受け、1983年に談志が落語立川流を創設した直後に立川流に参加している。
英語落語は、同じ頃、英語落語を始めた上方の桂枝雀の活動に触発されたことが始めるきっかけとなり、現在は「キャナリー英語落語教室」を主宰している。落語の他、色物としてウクレレを弾き、端唄、俗曲、都々逸、Jポップスなどを日英両語で歌う活動もしている。


 アゴーラ・プレイス浅草は、当ホテルのコンセプトである「Style My Stay〜私が彩る私の滞在スタイル〜」のもと、日本の文化を多くの方に知ってもらうべく、今後も日本文化体験シリーズを拡大してまいります。

【お客様からのお問合せ先】
アゴーラ・プレイス浅草
TEL:03-3842-8421
〒111-0042 東京都台東区寿2-2-9
http://www.agoraplace-asakusa.com